水は人間が生きていく上では必要不可欠なものであるという事は、ほとんどのかたが知っている事によりすね。人間の体の60%以上が水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)で可能なのでおり、私たちは毎日2〜2.5リットルもの水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)を汗や尿、涙なんかの形で排出しているのです。ゆえに、毎日の生活の中で、水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)、とりわけ水を摂取する事はすごく重要なことといえますね。一説では、朝起きてすぐに飲むコップ1杯の水は脳梗塞(小渕元首相や長嶋読売ジャイアンツ終身名誉監督が発症したことでも知られていますね)の予防になったのであれねか。健康の為にも実践したいものですよね。サラサラとした血液を実現しますからにも水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)の摂取は欠かせませんが、水なら何でもよいかと言ったら、そうとも言えないのです。ひとくちに水と言っても、その種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)はさまざま。どうせ摂るなら健康に良い水を摂りたいとされています。では、健康によい水とはどういう水を言うのでしょう?まず挙げられるのが、ミネラル(食べ物や飲み物から摂取するのが理想ですが、不足するようならサプリメントを利用すると手軽です)を充分に含んだ水である事。カルシウム(不足するとイライラしやすくなるといわれています)やマグネシウム、ナトリウム、カリウム(肥料としてもよく使われています)などは、体に取って必要なミネラル(人体には必要な栄養素ですが、摂り過ぎるのもよくありません)です。これらの成分がたくさん含まれているといいでしょうね。しかし、ミネラル(人間が心身の健康を維持する上で必要となる栄養素です)を含むからといっても、不純物が含まれていては元も子もないでしょう。例えば、水道水(ミネラルなどの含有量は原水の水質によって左右されます)。塩素やトリハロメタン(水道水に含まれていることがあって、体に有害というイメージがありますね)を含んでいます。また、場合によっては、ダイオキシンなども。これらは体に取っては有害な物質です。健康の為には、不純物が含まれない水がいいのは言うまでもないでしょうね。ほかに水の硬度が硬すぎないこと。日本人(最近では海外で活躍する方も増えていますね)は普段軟水を飲んでいらっしゃるので、硬水を飲むと下痢(急性のものと慢性のものがありますが、慢性の場合には何らかの疾患が原因となっていることが多いものです)などをする事があるのです。また、PH(ペーハー)は弱アルカリ性がGood。そして、一番大事なことが毎日飲む事によってす。水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)は常に必要なもの。毎日、健康にいい水を十分に摂るなさってくださいねー